Skip to CONTENTS
クリックで検索パネルを閉じます

ファナック株式会社 (FANUC CORPORATION)

労働人口・熟練技術者減少の解決策

今後、製造業従事者が減少し、熟練技術者も減少していくことが見込まれます。
ファナックは、労働人口減少の解決策として、工場の自動化・ロボット化による省人化を推進しています。
また、オペレータが機械を正しく操作できない場合、生産性が低くなるばかりか、故障による設備稼働率低下、さらにはオペレータ自身が負傷する可能性も伴います。使いやすさを重視した商品を開発することにより、こうした課題の解決を図っています。

 

協働ロボットによる作業工程の部分的な自動化 人に接触すると安全に停止する協働ロボットは安全柵が不要です。人が作業している工程に導入することで部分的に自動化することができます。 労働力不足の課題解決のための選択肢を増やします。
QSSR (Quick and Simple Start-up of Robotization) ロボットシステム構築への技術的ハードルを下げるため、CNCとロボットの接続に必要な基本要素をパッケージ化しました。工作機械や産業機械とロボットの接続、運転状態の確認が簡単に行なえる機能、CNCプログラム(Gコード指令)や手動ハンドルによるロボット制御が可能な機能により、導入をサポートします。
ビジュアルガイダンス画面 機械の使用方法をビジュアル的に案内するガイダンス画面に、加工条件を簡単に微調整できる加工条件簡単調整機能などを搭載し、初心者の使いやすさに配慮しています。
使いやすいユーザインタフェース (UI) ロボットの教示作業に用いるティーチングペンダントのUIを使いやすくし、タブレット型を採用するなど、未熟練者でも操作やプログラミングが簡単になります。
新しい協働ロボットCRXでは、教示プログラムの作成がさらに簡単になりました。ロボットアームを手で直接動かすことができ、ロボット操作に不慣れでもおもちゃ感覚で教示が可能です。広く普及したタブレットで操作し、アイコンをドラッグ&ドロップする操作で、スマホ感覚で教示プログラムが作成可能です。
レーザ発振器の簡単接続 容易な設定により工作機械やロボットと同期性の高い接続を可能にし、円滑な加工システム構築を支援します。