Skip to CONTENTS
クリックで検索パネルを閉じます

ファナック株式会社 (FANUC CORPORATION)

内部統制

基本的な考え方

基本理念である「厳密と透明」を土台としたファナック役員社員行動規範に基づき、コンプライアンスの基本ルールを定めています。また贈賄等の防止、インサイダー取引防止、秘密情報管理、独占禁止法、個人情報保護等に関する方針、規程等によりコンプライアンスの詳細ルールを定め、社内に周知しています。

推進体制・取り組み

内部通報制度

ファナックでは、当社および国内子会社の役員と社員およびサプライヤ等が、ファナック内や外部の独立した通報窓口に内部通報できる制度を設けています。海外グループ会社においても、役員と社員が直接当社に通報できる制度を順次導入しつつあり、適用会社を拡げています。これらの国内外の内部通報においては、内部通報運用規程等により、通報者がいかなる不利益な取り扱いも受けることのないよう保護(通報内容等の守秘を含む)しています。なお、通報については、常時(24時間365日)匿名でも利用することができ、多言語に対応しています。

リスクマネジメント

当社は、事業の継続性、企業価値の向上、企業活動の持続的発展を阻害するおそれのあるリスクに対処するため、リスクマネジメント委員会およびリスクマネジメント規程を設け、取締役会の監督のもと、適切なリスクマネジメントを行っています。さらに、代表取締役社長 兼 CEO直属の内部監査部が、リスクマネジメントの状況について内部監査を行っています。

コンプライアンス

コンプライアンスに関する問題は、副社長執行役員を委員長とするコンプライアンス委員会での討議を経るなどして、重要な案件については取締役会および代表取締役社長 兼 CEOに必ず報告される体制となっていることに加え、必要により、各部門の責任者等をメンバとする経営会議で、適宜審議するようにしています。さらに、取締役会に対しても、少なくとも年に2回、内部通報の状況を報告し、コンプライアンス問題の審議が、必要に応じた適切なものとなるようにしています。