Skip to CONTENTS
クリックで検索パネルを閉じます

ファナック株式会社 (FANUC CORPORATION)

社員との対話

基本的な考え方

ファナックの成長や競争力の源泉は、1人ひとり個性をもつ社員とその総合力であるとの認識のもと、会社の状況、方針、期待を社員に正しく伝えるとともに社員の声を吸い上げる「双方向のコミュニケーション」が極めて重要であると考えています。コミュニケーションを充実させるため、ファナックでは、労働組合を通じて行う方法と直接的な方法の両方を設けています。

取り組み

労働組合を通じたコミュニケーション

  1. 生産協議会(年4回)
    会社の生産状況、採用計画、労働時間など短期的な状況を労働組合に説明し、労働組合から要望を聞いています。
  2. 春季労使交渉(2~3月にかけて5回)
    会社の事業の状況を共有し、労使の合意をもって労働条件を決める「春季交渉」を実施しています。
  3. 労使定例会議(月1回)
    日常的に発生する労働・安全衛生に関する課題を共有し解決していく場を設けています。
  4. 労使時間外管理委員会(月1回)
    働き方改革、健康増進、ワークライフバランス等の目的に対し、労働時間の実態や課題を共有し、解決の方向性を対話しています。

会社と社員のダイレクトコミュニケーション

  1. 決算発表の際、社員に対して会社の業績とその背景についてメッセージを送り、社員の会社の状況への理解を広げ、一体感を持つように努めています。
  2. 「組織文化診断」を定期的に実施し、社員満足度という視点から社員の声を拾い上げ、課題を発見し解決するPDCAを回しています。