Skip to CONTENTS
クリックで検索パネルを閉じます

ファナック株式会社 (FANUC CORPORATION)

社員の安全衛生

基本的な考え方

ファナックは、社員が安全で健康的に安心して働ける職場作りを目指し、労働災害防止および快適な作業環境の形成を促進します。安全管理方針や衛生管理方針を定め、ファナック安全衛生委員会が、社員一人ひとりが安全で健康に過ごすことのできる職場づくりを推進しています。

方針

安全管理方針

製造現場の作業者に対し、新たに導入されたチームリーダ制度を活用して一人ひとりに正確な情報伝達を行い、作業指導を充実させることによって、災害のリスクを低減する活動を行います。

衛生管理方針

昨今の異常気象に鑑み、夏場の熱中症対策に重点を置くとともに、社員の身体的健康および精神的健康の維持管理に努める活動を行います。

ファナックは、安全衛生規則を定め、グループ社員、契約社員、派遣社員の安全と健康を確保し、作業遂行の円滑化と生産性の向上に努めています。
取引先の社員がファナックにおいて作業を実施する際は、ファナックの取引先安全管理規則に基づき、災害・事故・健康障害等の発生を防止しています。

推進体制

ファナックは、全社の安全衛生管理方針及び安全衛生に関する施策、重要事項等を審議決定する組織として「ファナック安全衛生委員会」を設けています。
代表取締役社長 兼 CEOを責任者と定め、各事業本部の役員、および、組合委員長をメンバとして人事本部安全衛生部が事務局となってとりまとめを行い、同委員会を年2回開催しています。
また、工場4地区、営業所等5地区に法律に基づいた地区安全衛生委員会を設け、活動を行っています。各地区安全衛生委員会では、下部組織である各部単位の職場安全衛生委員会を開催し、地区安全衛生委員会での指示事項などを職場末端まで伝えています。

取り組み

安全衛生の重点活動項目

5つの重点活動項目を定め、安全課、各職場などとともに、推進部署を設けて取り組みを進めています。安全管理に関する単年度目標を設定し、労働災害の低減を目指します。

労働災害防止 設備設置時の安全衛生リスクアセスメント導入により、設備事故を防止します。
事故発生時の原因と対策を社内に周知する仕組みを構築し、それによる事故防止を図ります。
職場環境改善 作業環境測定結果により、職場環境の改善を実施します。
健康保持増進 特殊健康診断の実施と、結果のフォローにより、業務上疾病者の撲滅を図ります。
火気事故防止 職場内火気設備の管理改善により事故防止を図ります。
荷役運搬事故防止 フォークリフトによる事故防止の仕組み作りを進めます。
就業指名制度 フォークリフトによる事故防止の取り組みで、社内資格として就業指名制度の導入を進めます。同制度は運転免許所持者の中で、職場が一定水準以上の技能等を有すると認めた者に運転を許可する制度です。

生産設備稼働前リスクマネジメント

ファナックは、新規の生産設備稼働前のアセスメントとして、リスクを特定、評価し、安全衛生に関するリスクマネジメントを実施しています。生産技術部、製造部、安全衛生部がそれぞれの視点からリスクアセスメントを行い、使用可能・暫定使用可能・使用停止を判定します。使用可能以外の場合は、その30日以内に対策を行い、安全に使用できると判定された後に使用可能としています。

安全衛生教育

ファナックは、安全衛生について階層別・職能別教育を行うとともに、全社員対象の雇入れ時と作業変更時の安全教育を実施しています。

本部長・部長 安全管理者選任時研修
課長 職長教育
専任チームリーダ 専門機関による職長教育
安全衛生部による安全衛生教育
専門機関によるマネジメント・ハラスメント等教育
専門機関による危険予知トレーニング
新任チームリーダ 安全衛生教育
社有車運転者 運転者が所属する課単位で数名ごとのグループ討議による危険予知トレーニング
サービス員 専門機関による各拠点代表者への危険予知トレーニング

安全衛生パトロール

ファナックは、労働災害の低減をめざし、各工場で毎月パトロールを行っています。安全管理者パトロール、衛生管理者パトロール、産業医パトロールに加えて、他部門の状況を相互にパトロールする仕組みも構築しています。

安全衛生パトロール

安全衛生パトロール

作業環境測定および特殊健康診断の結果から、騒音職場、有機溶剤使用職場をピックアップし、作業改善状況を確認(2020年10月)

労働災害の再発防止策

労働災害の発生状況を把握し、原因の分析と対策を行うことで再発防止策を講じています。
また、ヒヤリハット報告を共有し、労働災害の未然防止に努めています。

サービス員の安全な保守作業

サービス員はお客様の工場を訪問し1人で作業を行うため、安全に対する感受性を高め、起こり得る危険を予知することが大切です。
サービス拠点の代表者が専門機関での危険予知トレーニングを受講し、拠点内に展開することで危険予知能力の向上を図っています。

また、保守作業を安全で効率的に行うため、サービス員が使用する保守ツールも開発しています。

「安全ポケットカード」の作成・配布

ファナックが定める「安全3原則」「安全行動6則」「禁止事項6則」「ファナックKYの基本」を、いつでもどこでも確認できるようポケットサイズのカードにしています。
2020年には、製造現場に限定した安全行動5則、禁止事項5則を、全社対象とした6則に改訂し、全社的に労働安全衛生に取り組んでいます。

目標・達成事例

目標

ファナックは、代表取締役社長 兼 CEOを責任者とする安全衛生委員会において、労働災害度数率・強度率の年度目標を定めています。

達成事例

2019年度において、労働災害度数率・強度率とも前年を下回りました。
ファナック株式会社の死亡者数は社員・契約社員・派遣社員において0名でした。なお、10年以上死亡者数0名を達成しています。