Skip to CONTENTS
クリックで検索パネルを閉じます

ファナック株式会社 (FANUC CORPORATION)

目標・実績

単年度目標

サプライヤにおけるいわゆる「サイレントチェンジ(当社の知らないうちに納入品の品質に関わる変更が行われること)」は、結果としてファナックの商品品質に重大な影響が及ぶ恐れがあります。そのため、こうした「サイレントチェンジ」が行われることがないよう、納入品に何らかの変更がある場合、サプライヤは必ず 4M (Man、Machine、Method、Material) 変更を申請し、ファナックの承認を得る必要があります。サプライヤに対しては、毎年、変更に関する要請を明記した文書を送付し、承諾の回答を得るようにしています。
また、一部のサプライヤから機密保持などを理由に承諾しない、あるいは条件を付けるなどの回答を得た場合は、お互いの信頼関係を損なうことなく高い水準の品質を維持するため、当該サプライヤと協議を行い、サプライヤの承諾件数の増加を目指します。

2019年度実績

昨年から引き続き単年度目標達成のための活動を行っており、2019年度はより理解を深めてもらうため、確認する文書にFAQをつけました。サプライヤ側の条件等にも柔軟に対応し、合意できるケースもでてきました。引き続き承諾件数の増加を推進します。

中期目標

サプライヤの情報を一元管理するデータベースを構築します。サプライヤの情報(売上、利益、取扱品目、工場情報)、ファ ナックとの関係(取引金額、購入品、ファナックとの窓口となる部署と担当者名など)の他に、サプライヤの品質、納期、コストについての評価も記載します。また、サプライヤのESG対応関連項目なども記載することを検討します。