Skip to CONTENTS
クリックで検索パネルを閉じます

ファナック株式会社 (FANUC CORPORATION)

責任ある鉱物調達

基本的な考え方

ファナックグループでは鉱物調達に関する取り組みを社会的責任と捉えています。
強制労働や児童労働などの人権侵害、環境破壊及び武装勢力への資金源に繋がる事などが懸念されているコンゴ民主共和国(DRC)及びその隣接国を含む紛争地域や高リスク地域で採掘される錫、タンタル、タングステン、金、コバルトなど鉱物資源について、ファナックグループは人権侵害や紛争等を助長することがないよう、OECDが定める「紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス」を参照し、これらの鉱物使用を回避する調達活動に取り組んでまいります。

紛争鉱物への対応

ファナックグループでは約500社の取引先様に対して紛争鉱物調査を行っています。