Skip to CONTENTS
クリックで検索パネルを閉じます

ファナック株式会社 (FANUC CORPORATION)

働きやすい職場づくり

取り組み

ワークライフバランスの実践

ファナックでは、長時間労働の削減を課題と捉え、是正策として時間外労働の上限時間削減、および年次休暇の取得推進に取り組んでいます。2019年度の年次休暇取得率は85%であり、毎月、幹部が集まる会議で年次休暇取得目標の達成状況を確認しています。生活との調和がより可能となる柔軟な働き方の促進に向けて、2020年10月より年次休暇を時間単位で取得出来るようにしました。
また、年次休暇以外の各種の休暇においても、取得しやすくするための制度の見直しを行っています。不妊休職制度を整備したほか、積立休暇(有給)の利用目的に、家族の看護と不妊治療を追加しました。さらに仕事と育児の両立支援として、育児短時間勤務制度の対象期間、および子を養育する社員が請求した場合の所定外・休日労働の免除の対象期間を、子が小学校を卒業するまでに拡大しています。
また、近年では、がんや難病になった場合も、治療を続けながら働きたいという社員の声があることから、病気の治療と仕事の両立を支援するための相談窓口を設け、短時間勤務等のサポートを積極的に行っています。

※ファナック株式会社の所定内勤務時間は1日7時間45分、休日数は年間125日、年間所定内勤務時間は1,860時間です。

主な制度

  • 育児休職制度(復職率100%/復帰後1年の定着率100%)
  • 介護休職制度
  • 不妊休職制度
  • 特定不妊治療費補助制度
  • 育児短時間勤務制度
  • リフレッシュ休暇(勤続10年、15年、20年、25年、30年、35年、40年で取得可能)
  • 配偶者転勤に伴う休職制度

メンタルヘルスケア (EAP)・ラインケアの推進

精神科医の診療とカウンセラーを中心としたメンタルヘルスケアの実施に加え、ファナックで働く社員とその家族、および60歳以上で退職された方の健康サポートの一環として、外部専門機関による社員支援プログラムを導入しています。
健康に関する悩みや相談・メンタルヘルス・カウンセリング・セカンドオピニオンなど専門家による指導やアドバイスを受けることができます。
また、幹部社員を対象としたラインケア講習を定期的に実施することにより、働きやすい職場環境づくり、メンタル不調者の早期発見・初期対応に取り組んでいます。
加えて、毎年、ストレスチェックを実施しており、高ストレス者のフォローと組織ごとの健康リスクおよび高ストレス者の比率を分析し、課題のある組織の職場環境の改善に繋げる取り組みを行っています。

ファナック保育園(企業主導型保育事業)

20代30代の子育て世代の社員の増加に伴い、本社を置く山梨県忍野村の子育て環境の充実に貢献するため、2019年春に企業主導型保育事業を立ち上げました。
職場に隣接した場所に保育園を設置することで、登降園送迎の時間的負担を軽減し、また自然災害の発生等、緊急時に安全で確実な引渡しを可能にするなど、利用者のニーズに応える形で、開設初年度から定員に近い子どもたちを受け入れています。
また、年間を通して入園を受け入れることで育児休職者のスムーズな職場復帰を実現しています。
保育士は各種研修へ参加・外部評価を受審し、また給食では地元食材を使った自園調理で食育を行うなど、保育の質の向上につながる取組みを積極的に行っています。
これからも利用者が安心して育児とキャリア形成を両立できる環境を提供していきます。

名称: ファナック保育園
所在地: 山梨県南都留郡忍野村忍草3515-1
施設面積: 床面積259.2m²・園庭面積約470m²
定員: 19名(最大31名)
託児年齢: 生後57日目以降~小学校就学前
利用対象者: ファナック社員及び子会社社員を優先に地域からも受け入れ
運営時間: 8時~19時

ファナック保育園

建屋のバリアフリー化

事業所の新設や改修工事に伴い、順次車いすで利用できるトイレを整備しています。

設置施設

本社地区 10施設
筑波工場 2施設
壬生工場 5施設
支社・支店・サービスセンタ 9施設

資産形成サポート

  • 企業年金
    ファナックは、企業年金制度を設定し、社員の将来の受給を保証することにより、社員が安心して働くことができるようにしています。

  • 退職金制度
    ファナックは、会社に長期にわたり貢献してくれた社員の労に報いるため、退職金制度を設け、退職後も安心して生活できるよう配慮しています。

  • 社員持株会制度
    ファナックでは、社員の自社株取得による長期的な資産形成のために、持株会制度を設けています。